大和髪を結い白無垢に身を包む。一生に一度の記憶に残る特別な時間

place /式場

儀式殿

[料金]

鶴式 5万円 ~ 巫女舞・雅楽CD
特式 7万円 ~ 巫女舞・雅楽奏者による生演奏
※別途、申込金1,000円

[式場紹介]

白木で作られた社殿には趣があり、障子越しにやわらかな自然光が入り、厳粛ながらもやわらかな雰囲気を演出してくれます。
参集殿ロビーともつながっていますので、天候に左右されることもありません。
式のみ挙げられる方は、儀式殿での結婚式となります。

式場

本殿

[料金]

本殿式 12万円 ~ 巫女舞・雅楽奏者による生演奏
※本殿挙式は神社にて披露宴をする方に限る

[式場紹介]

神門から続く参道の先には鮮やかな朱の社殿。 樹齢千年を超える大楠をはじめとする鎮守の杜に囲まれて佇む社殿には、風がそよぎ、神聖な気持ちにさせてくれます。 披露宴やお食事会を参集殿で行う方は、本殿での挙式がかないます。

本殿

※ご夫婦になったお二人に、神主より「夫婦守り」が贈られます。
※「結絵馬」~ゆいえま~ に結婚するお二人の誓いを記します。
※挙式のみの場合は、衣装店、写真店等、ご紹介致します。
※三三九度で使ったかわらけも贈られます。


sanshin /参進について

想いを胸に家族と共に歩む

「参進の儀」とは、式を始めるにあたり、ご参列の皆様に整列して神殿までお進み頂く儀式です。「結婚」への期待と決意をむねに一歩一歩、神殿まで進む事で、より結婚式の意味を感じられる事でしょう。

また、雅楽の調べのなか、巫女に導かれ挙式へと歩みを進める姿は厳かながらも雅で、小さい頃に憧れた“花嫁行列”を思わせると、憧れをもつ花嫁も多いです。

参進について

雅楽・舞について

宮中や社寺を中心に1300年以上にわたって伝え守られてきた、世界に誇るべき音楽が雅楽です。当社の挙式では三人の楽人による雅楽が演奏されるなかで儀式が 執り進められます。また巫女舞「豊栄舞」はお二人の門出を祝し、神さまのお恵みの下で末永く実り多い人生をと願い、神前に奉納されます。

雅楽・舞について
大分の神前式・披露宴は春日神社へ 097-532-5638

受付時間/9:30~17:00

電話する